忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/05/23 06:46 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴

キャラメイク、などを少し。
少しと言いつつ長いので、『続きから機能』を再度使ってみる。
下の『more』から読み進められるようです。

そもそもは、1PCのみの登録と考えていたので、なるべく守備範囲広く、
何にでもひょっこり顔を出せるヤツにしたい。 そして人間味のあるキャラがいい。
そう思った結果、『なんでも屋』なんてドストレートな職業+
これでもかと矛盾を抱えているくせに、表面上は気さくな兄ちゃんキャラになりました。

拍手[0回]

続きです(笑

Cの抱えている様々な矛盾の端を発しているのは、魔法陣設定の付与。
魔法を使わないキャラをやりたい
→いっそ封じてしまえ
→元々一般人な人間が魔力を封じないといけない状況ってなんだ?
→過去設定からの後悔尽くしな人生。という。
過去編、描き始めました。 最後まで描ききれるのかは不明(笑

基本、過去のあれこれはPLがロールを回す上で
PCの行動や発言の動機付けとして考えたものです。
PL情報としては知らなくても全く問題ないし、
コールから自発的に触れることもないでしょう。
つっこまれると、気分によってのらりくらり躱すか思わせ振りに仄めかすか
するんでしょうね。 興味ある方はつついてやって頂ければとw

過去のトラウマ。
過去に罪を犯しており、それを後悔している。
『法的』に見たなら『罪』には問われない状況ながら、
だからと言って自分自身を許す気にもならないという面倒なヤツ。
罰を逃れていることが却って罪悪感を強めているが、
そのクセもう一度過去をやり直せても、きっと同じ事をすると
本人も思っているので、救いようがないという。
また、裏世界との関わりも今までに持ってきているので、
自分の罪の遥か上を行く悪行を重ねている人間とも関わって来ているし、
それで逃れている人間も知っている。
正義を盾にすることの怖さなども身に滲みており、
善悪や正義と罰の曖昧さについては達観しています。

自身の過去について、本人は自分なりに乗り越えているつもりなのですが、
その実逃げ続けて来ているだけなので、実は常に自己防衛は理論破綻の危機にあったりします。
ちょっとつつけば、平気な素振りで無茶苦茶揺さぶられるのではないかと思うのですが、
揺さぶられてみないとどうなるかはPLも良くわかっていません(笑

PL的には、そのうち気のいい兄ちゃんの化けの皮が剥がされて、
自虐性とか頑固さとか面倒臭さとかが露呈してあわあわすればいいと思う。
俺はそんなの分かった上でこの生き方なんだとかしれっとほざきつつ、
本音では違和感感じまくればいい(笑

あと、いつかガチバトルで魔方陣発動させたいです。
発動条件は感情の高まりもしくは死の危機ですが、
人との関わりから逃げている都合上、感情の高まりで発動はあまりないかもしれないなぁ。
出血過多は確実な引き金で、コール自身も戦う上でその辺よく計算してます。
もうちょい、血を流せば発動するな、みたいな。

PR
【2013/04/29 07:15 】
CATEGORY [ PC ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
<<人相書だとぅ…? | HOME | エターナルパレスの闇払い>>
コメント
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]