忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/18 02:49 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
レインさんに試合って頂きました!
戦闘ロール、難っ!
途中、双方の距離感をL単位で間違えて不自然な返しが(笑

レインさんの戦い方は颯爽としていて格好いいなぁ、とロールしつつテンションだだ上がりでした。
L的には、よっしゃ第五段階くらいまで引きずり出してやれ!とはしゃいでましたが、
C的には「いやそれ俺死ぬから。木刀でも死ねるからッ!!」
勝てないとは思いつつ、タダでは負けたくない。
最近レインさんにぐいぐい惹かれつつあるそんなコールです。
同い年で剣士という共通項への共感、壮絶な過去を生きて尚自分なりに乗り越えているらしいことへの尊敬、
純粋な知識や技術の高さへの関心、+僅かばかりの嫉妬やら負けん気やら
ちゃんと幸せになれよなエールやら、色々ごった煮のようです。
緊迫感のあるロール回しがとても楽しかったです。
お相手ありがとうございました。

蜂さん。
エールをありがとうございました!w

アイムくんにお会いできました。
色々思い悩んだり、決心をしたり。
ワフ夫くんを守るための戦闘技術を求めるアイムくんの今後のドラマから目が離せません。

ラファティくんにはまたもや回復でお世話に。
アナログ(?)回復がメインなコールには本当にありがたい存在です。
翌日を控えているという情報を当然コールは知りませんので、アイスウォード氏の話がらみで
思い悩んでいいるのだろうな程度の認識しかない状態。
そして、アイスウォードさんの話で行くのなら、自身も彼の本心を引き出さんと追い立てた一人なので
いくらかの申し訳なさは感じているという、微妙な立ち位置。
心配と謝罪がないまぜの、何かあれば…発言でした。

ピエットちゃん。
こんなところでお会いできるとは。
相変わらずコールには疑念冷めやらぬ感じがきちんと一般人で、大好きです。
LC共に可愛くて仕方がありません。

大人数になってくると、楽しくていつも退室が名残惜しいです。
また皆様とゆっくりとお話しできれ場と思います。

拍手[0回]

この試合で、最近諸々見えてきているコールの戦闘面での課題の一つである
『自身のスペックを越えるスピードへの対応』を本人も改めて実感させられたようで、良かったです。

最近銃弾食らいまくっているのも同じ話で、コールは弾が打たれた瞬間に純粋にスピードで対応
出来る程の身体能力はありません。
そうなると、銃口や視線、直前の会話や息遣い、体の動きから推察して、予備動作で
タイムラグを埋めて避けるしかないのですが、
ライバーさんというそういうところを事前対策済な拳銃使いの登場は何気に効果覿面だったり。
獣人さんとの戦いも同じで、基本の筋力差から発生するであろうスピード差は結局、
先の手を読んで動く事で対応してきています。
不測の事態や、先読みしても自身の動きが制限された状況下では限界が出てしまう。

他にも弱点はたくさんあり、師匠からは相手の攻撃を流しいなし利用することで、
『決して負けない剣術』として伝授されているのに実際にはまだ使いこなせている
とは言いがたい状況に時々凹んだりしている何でも屋です。

PR
【2013/05/10 00:00 】
CATEGORY [ diary ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
<<海辺でなんちゃって戦闘講座もとい鍛錬 | HOME | GW>>
コメント
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]